【ストーリー】




〜 ダーナ戦記 序文 〜

かつて女神に愛されたと伝えられる地があった。

この地の民は古くから女性を神聖なものとして敬う
母系制国家として栄えていた。

しかしいつからか民の間では女子が産まれない傾向が続き、
人々は一様に困窮した。

王家でも権威を持つ女性が減り、
やがて王女姉妹による家督争いが起こり家臣は二つの派閥に別れた。

王家の権力の急速な衰退が引き金となり、
各小国が独立し紛争が展開される。

そして旧王家を含む国々が互いの領地を奪い合う年月が始まった。

各々の思想を持ちながらも、
この時代の終わりを望まない者は誰一人いない。




ソフィア
かつてこの地の全てを治めていた王家の末裔で、現国王。


セシリア
旧王家と深い関係を持っていた家系の現当主。


フィオナ
三百年以上に渡り栄えてきた貴族の現当主。


エディス
旧王家姉妹の家督争いによって地位を失った王族の末裔。


リリアン
古くから異民族の侵略を防いできた軍事貴族の現当主。



戻る